施工管理求人ランキング【※好条件の求人を探す方法】

施工管理の求人を見つける方法は?

施工管理の仕事は、工事現場で施工にかかわるすべての管理を行うこと。その内容は施工を行う職人さんの監督や管理、施工主との打ち合わせ、スケジュールや予算の管理と調整など非常に多岐にわたります。大変な仕事ですがその分達成感も高く、やりがいや魅力を感じる点も多いといえます。

工事現場=力仕事と思いがちですが、施工管理は全く違います。施工管理者は、工事の全体の進行状況を把握して指揮者のように人を引っ張る力とともに、緻密な視点も必要とされます。細やかな視点が重宝される事も多く、女性の施工管理者を求める企業もあるほどです。責任重大で忙しい施工管理の仕事。転職するならミスマッチは絶対避けたいですね。『リクルートエージェント』などの転職サイトを利用することで、施工管理者を募集するに至った背景や詳細な企業情報、休日や給与などの条件も事前にしっかり把握できます。後悔しない転職のためにぜひ活用してみましょう。

施工管理の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



マイナビエージェント 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細



DODA 無料 全国 株式会社インテリジェンス 詳細




施工管理の求人の実際は?

施工管理の求人は都市部で多くなっています。東京や大阪、名古屋といった大きな都市では常時多くの募集があり、東京では8000件程度募集されることもあります。反対に地方では少なめです。岩手や青森といった東北地方では一つの県で10件以下の募集しかないこともあります。

ただし地方でも仙台や福岡といった中心になる県や都市では多めで、50件程度募集されることがあります。地方でも都市部でも正社員の募集が多くなっています。派遣社員や契約社員の募集もあり、その種の仕事の場合は日給制の会社もあります。給与は1万円前後です。東京や大阪といった都市部では特に正社員の募集が多いです。契約社員の募集もありますが全体の1割程度です。正社員の募集が多いのはこの仕事の責任の重いものだからでしょう。

施工管理の仕事をした場合の平均的な年収は450万円程度です。20代では300万円台、30代で400万円台、40代を超えると500万円を超えるようになります。月給に直すと20万円から50万円程度です。東京などの都市部の仕事の給与が高めで、高いところでは年収600万円程度から900万円程度のところがあります。

この仕事で一番必要とされているのは経験です。何らかの施工管理の仕事をした経験をお持ちの方が優遇されます。実務経験1年以上と経験の年数を募集要項に明記している会社もあります。経験者を募集しているところが多いのですが、未経験者でも構わない会社もあります。東京や大阪のような都市部で現場の仕事が増えているところでは未経験の方でも採用することがあります。未経験者の方の場合は2級施工管理技士といった資格があれば採用の時に有利になります。

経験と共に重視されるのが各種の資格です。一級施工管理技士のようなグレードの高い資格をお持ちの方は選考時に有利になります。一番有利になるのは建築、土木、電気といったこの仕事の資格です。建築士の資格や電気工事士、電気通信主任技術者といった電気関係の資格をお持ちの方も採用の時に優遇されることがあります。

このタイプの仕事の募集は多いですが、特に求人が多いのは建築関係です。マンションやビル、修繕工事などさまざまな建築関係の仕事の求人が募集されています。特に東京や大阪といった都市部での求人が増えています。建築と並んで多いのが電気関係のものです。こちらも都市部の求人が増えています。地方で多いのは建築関係の仕事と土木関係の仕事です。造園の仕事もありますが、都市部地方共に募集が少ないです。


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 施工管理求人サイトランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.