文系出身でも施工管理に就ける?

施工管理求人TOP >> 施工管理の基礎知識とよくある質問 >> 文系出身でも施工管理に就ける?

文系出身でも施工管理に就ける?

文系出身でも施工管理の職に就ける場合があります。ただしその場合は見習いから始めたほうが良いでしょう。この仕事の需要は現在高まっています。震災復興関連の需要や施設の老朽化による建物の改修や立て直しの数が増えているためです。そのために未経験者でも採用する会社があります。

特に東京などの都市部でその傾向が強くなっています。施工管理は建物が建てられるプロセスを管理監督する仕事です(建物以外の庭のこともあります)。建築資材に対する知識、設計に対する知識、顧客との対応、予算の計上、現場で働く技術者とのコミュニケーションなど学ぶべきことはたくさんあります。理系出身者が有利になる仕事ではありますが、文系出身の人ができないわけではありません。

この仕事をするときにまず必要なものは協調性です。設計士、職人、顧客などいろいろな人たちの意見や要望に耳を傾けながら、工事を完成させます。時には対立する意見をまとめないといけないこともあるでしょう。そんな場合は自分の意見を押し付けるのではなく、相手の気持ちを深く汲み取るスキルが必要になってきます。

協調性は出身の学科にあまり関係がありません。文系であっても理系であっても身につけている人はいます。協調性に関連したことでコミュニケーションのスキルも重要です。このスキルがなければ、何かを作り出すプロジェクトを進展させていくことはできません。プロジェクトに参加する人たちときちんとコミュニケーションを取って、必要であれば不満なども聞いて現場の作業に活かしていきます。

クレームなどに対応する時もコミュニケーションのスキルが大切になります。コミュニケーションのスキルは文系や理系と言う区別に関係なく必要なものです。決断力や粘り強さといった資質も求められます。人間的な資質に関して言えば、文系の方でも対応できる仕事です。ただし技術的な知識や経験があった方が有利になることは間違いありません。

文系の方が施工管理の仕事に就く時は、資格があった方が有利になる場合があります。この仕事に関連した資格はたくさんあります。施工管理技士と呼ばれるもので1級と2級があります。いずれも実務経験が求められるのでハードルがやや高いのですが、2級は受けやすいと言えるかもしれません。高等専門学校の指定学科を卒業して、一年半以上の実務経験があれば、受験資格が与えられます。専門学校に行くはお金と時間が必要になりますが、基礎から勉強できるのでメリットはあります。

文系出身でも大丈夫!施工管理求人にも強い転職サイト

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 施工管理求人サイトランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.