施工管理の求人倍率は?

施工管理求人TOP >> 施工管理の基礎知識とよくある質問 >> 施工管理の求人倍率は?

施工管理の求人倍率は?

近年施工管理の求人倍率は高めの状態で推移しています。これは震災復興関連の需要が高いからです。それに加えて建物の老朽化対策や地震対策、消費税増税前に住宅を建てる人が増えていることがあり、この仕事に対する需要が高い状態はしばらく続くことが予想されています。

この分野の求人倍率は前年度(平成24年)の2倍を超えています。建築業界自体の求人倍率も高まっており2倍を超えています。全体の倍率が1倍から1.5倍なので、この仕事に対するニーズの高さが実感できます。建築の分野では施工管理の仕事が要になります。建築の仕事に対するニーズの高い状態が続く限り、この仕事への需要も高い状態が続いていくでしょう。

建築関連の施工管理の求人は都市部では非常に高いです。東京では高級マンションの建設がさかんで、その仕事を管理監督する人材は現在のところ不足気味です。求人サイトで調べてみると、東京は4500件を超える仕事が見つかることがあります。この仕事は経験や知識が求められることが多いのですが、東京のような需要が多い地域では未経験者でも採用する会社があります。上記の4500件のうち1000件程度は未経験者の募集です。他の分野からこの仕事に転職したい方は東京を中心とした地域で仕事を探してみましょう。見習いから始められる会社もあります。

建築関連の仕事と並んで電気関連の求人倍率も高いです。人が利用する建物を建てる場合はかならず電気工事を実施しなければなりません。そのために電気関連の仕事も今後増えていくでしょう。東京で電気関連の仕事を探してみると、2500件を超える求人が見つかることがあります。いずれも正社員の仕事が多くて給与も高いです。年収500万円以上(月給に直すと40万以上)と言う仕事がたくさんあります。未経験者歓迎の仕事も多めに見つかります。ただし電気関連の資格や学校を出ていたほうが就職の時は有利になることが多いです。

施工管理の他の分野の求人倍率は低いことが多いです。例えば造園の仕事は東京で探してみると、100件程度見つかることがあります。建築や電気の仕事が1000件を超える募集なのでこの分野に対する需要は少ないことが分かります。ただし全国的な規模でみると、いろいろなところで募集されています。例えば北海道や福岡では30件以上の仕事が見つかることがあります。意外に高いのは管工事の仕事です。地方でも一定の需要があり、例えば福岡では100件以上の求人が見つかることがあります。

施工管理の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 施工管理求人サイトランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.