施工管理と現場監督の違いは?

施工管理求人TOP >> 施工管理の基礎知識とよくある質問 >> 施工管理と現場監督の違いは?

施工管理と現場監督の違いは?

施工管理は工事の現場で仕事をする技術者たちの仕事を監督するものです。工事がスムーズに進むように現場で働く人たちをまとめ上げ、決められた期日以内に完了するように仕事の内容の調整なども行います。安全性に十分注意を払うのも仕事です。この仕事にはいくつかの種類があります。建設現場、電気工事、土木工事、造園工事などいろいろな種類があり、求められる知識や経験はそれぞれの現場で異なっています。現場での仕事が多いのですが、デスクワークも求められます。施工の計画や予算を決めたりします。また、顧客との打ち合わせも重要な仕事の一つです。

現場監督の仕事は上記の仕事と似ています。いろいろな工事の現場でそこで働く人たちに指示を出して、工事を進めていきます。指揮や管理、采配などが主な仕事です。異なっているのはあくまで現場中心の仕事であり、デスクワークは少なくなっているところです。朝から晩まで仕事の現場に張り付いているのが現場監督の仕事です。現場の掃除や納品のチェックなどの仕事を行うこともあります。現場の技術者の仕事を現場監督がすることは通常ありません。そこで働いている人たちのコミュニケーションを円滑にするのはこの仕事の重要な役目です。

施工管理と現場監督の仕事がほぼ同じ会社もあります。後者の担当者が現場で働くだけではなく、工事の計画や予算の決定、顧客との対応を担当します。小さな会社ではこの2つの仕事はほぼ同じと言っても良いでしょう。大きな会社になるとその2つは違う仕事になる場合があります。前者は工事全体をまとめて、後者は現場をまとめる仕事になります。前者も後者もそこで働く人をまとめることが重要になりますが、施工管理の仕事では細部にこだわらないで大きな視点を持つことが重要になってきます。施工管理の仕事は工事の予算を変える仕事も担当します。ただし技術者の間のコミュニケーションを重視するのはどちらの仕事も同じです。

資格から区別することもできます。現場監督の資格は特にありませんが、施工管理の場合は資格があります。施工管理技士と呼ばれるもので、国家資格の一つです。細分化されており、建設機械、土木、建築、電気工事、管工事、造園の6つがあります。それぞれ1級と2級に分かれています。この資格を持っていると就職に有利になることがあります(特に1級の場合)。実務経験が重視される資格です。現場の技術でなく、管理と監督がきちんとできるかということを試験で判断します。

施工管理の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 施工管理求人サイトランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.