施工管理の志望動機のポイントは?

施工管理求人TOP >> 施工管理の基礎知識とよくある質問 >> 施工管理の志望動機のポイントは?

施工管理の志望動機のポイントは?

施工管理の仕事の志望動機のポイントは知識や経験をアピールすることです。この仕事は経験が重視されます。物を作る過程を管理監督していくものなので、ある程度の知識や経験がないと難しいでしょう。知識や経験をお持ちの方だったら、それを具体的に話すことで面接官にアピールできます。意欲や熱意も重要です。新しい職場に入って、意欲や熱意を前面に出して働けるかということを面接官は面接を通して見極めようとします。

どうしてその会社に入りたいかを熱意を持って、明瞭な声で話すようにすれば意欲は伝わるでしょう。協調性も大切な要素です。大勢の人と協力して働く仕事なので、それがなければうまく行きません。協調性があり、十分なコミュニケーションのスキルを持っていることをアピールしましょう。

経験や知識が少ない方は、施工管理の仕事の志望動機をまとめるのが難しいことがあります。その2つに欠ける場合はとにかく熱意を見せるようにしましょう。熱意と結びつけることができれば、面接官に良い印象を与えられる可能性が高まります。例えばこの仕事がしたくて夜間に専門の学校に通い、資格を取ったことを動機にすれば良い印象を与えることができるでしょう。経験を求める会社も多いのですが、この仕事はニーズが高まっているので、未経験または経験が少なくても転職は可能です。

志望動機は履歴書にも書かなければなりません。書類選考で落とされることもあるので、その書き方には注意しなければなりません。基本的にスペースが限られているので、簡潔にまとめて書くことが必要になります。将来性に惹かれてといったありふれたものは書かないほうが良いでしょう。長くなる場合には紙を貼って、つけ加えても良いでしょう。ただし冗長な表現を嫌う人事の人もいるので、できるだけ履歴書のスペース内に書くことが大切です。

志望動機を考えたら、他の人に聞いてもらいましょう。家族でも友人でも構いません。第三者に聞いてもらった方が内容を客観的に見ることができます。また、転職サイトのキャリアコンサルタントに聞いてもらう方法もありますので、こちらの方がお勧めです。なぜならキャリアコンサルタントは転職のプロです。動機の重要性やどのような動機がアピールできるかをよく知っています。履歴書を添削してくれるところもあるので、最善のものを希望する会社に提出できるでしょう。模擬面接なども受けられます。転職会社の利用は無料です。この仕事の求人はどこでも力を入れているので、ご自分に合いそうなところを探してみましょう。

施工管理の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 施工管理求人サイトランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.