施工管理の仕事で有利な資格はある?

施工管理求人TOP >> 施工管理の基礎知識とよくある質問 >> 施工管理の仕事で有利な資格はある?

施工管理の仕事で有利な資格はある?

施工管理の仕事をするのに有利な資格はいくつかあります。まず建築関係のものを持っていたら有利になるでしょう。建築学科出身や1級建築士、2級建築士などがこの仕事をするときに役立ちます。この仕事とは建築の仕事と関係が深いからです。建物を建てるときの全過程を監督します。その時に建築についての知識や経験があれば、それを生かして工事の過程に関わることができます。ほかには設計士なども役立つでしょう。建築関係のものを持っていることが応募の条件になっている会社もあります。これまであげたものの中で取りやすいのは2級建築士で、合格率は30%前後です。ただし大学か専門学校の建築課程を卒業していなければ受験できません。

施工管理技士も役立ちます。これは国家資格であり、1級と2級に分かれています。さまざまな現場の管理監督をする人の技量を調べるものです。実務経験があることが受験の際の必須の条件になっています。建設機械、土木、建築、電気工事、管工事、造園の6つに分かれています。試験は学科試験と実務試験の2つがあります。

試験の実施日はそれぞれ異なっています。土木の1級の場合は毎年夏ごろに試験が行われます。試験地は全国13ヵ所です。これらを持っていると転職や就職の時に大変有利になります。ただし、どの試験もむずかしいので十分に勉強をしてから受ける必要があります。それからこの試験を受けるときは指定された条件があります。例えば建設機械施工技士の1級の試験なら、指定された大学以外の卒業者だったら13年以上の実務経験が求められています。

施工管理技士の中で一番求められているのは建築の資格です。いろいろな求人サイトで調べてみても応募の条件にしているところが多いですし、必須の条件にしている会社もあります。建物を建てる場合はそれを監督する人材がどうしても必要になるので、それを持った人が全国各地で求められているわけです。もちろんこの資格が絶対的なものと言うわけではありません。実務経験も求めているところもありますし、経験がなくても採用するところさえあります。建築の次に需要が高いのは電気工事です。電気工事も建物を建てるときは必要になるので全国で求人があり、特に東京や大阪などの都市部の需要が多くなっています。関連のしたものでも優遇されることがあります。電気工事士2種や電気主任技術者といったものです。施工管理の仕事をするときは、資格と実務経験の両方が求められることが多いです。

施工管理の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 施工管理求人サイトランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.