施工管理への転職理由は?

施工管理求人TOP >> 施工管理の基礎知識とよくある質問 >> 施工管理への転職理由は?

施工管理への転職理由は?

施工管理への転職理由は説得力のあるものでなければなりません。この仕事のニーズは高まっており、今の仕事から転職したいと思う方も多いでしょう。未経験者でも構わないところがあるのでハードルのやや低い仕事と言える面もありますが、安易な気持ちでは始められない仕事です。社会人の場合は新しい職場で即戦力として働くことが求められます。未経験者の方でもサポートを受けながら、見習いとして現場で働きます。求人が多いからと言って安易な気持ちでは新しい職場に行けないでしょう。人事担当者が納得できるような転職理由をまとめておく必要があります。

転職理由は面接の時にかならず質問されます。それをしつこくたずねる面接官も存在します。なぜそれほどまでに重視されるのでしょうか。いくつかの理由がありますが、一番大きなものは、その人が新しい職場で働けるかと言うことを判断するために重視されるのです。仕事は1人でやるものではありません。特に施工管理の仕事は多くの人と協調してやり遂げるものです。新しい職場に溶け込むことができない人にこの仕事を任せることはできません。前の職場で人間関係がうまく行かなかったといった理由だったら、面接で落とされる可能性が高いです。

転職理由はその人の意欲を見るものでもあります。経験や知識が多少不足していても、意欲のある人だったら面接官は評価します。例えば前の仕事を否定的な理由で止めてしまっても、それを肯定的なものに変えて新しい仕事に対する意欲を前面に出して、面接を受けるようにしましょう。例えば人間関係で苦しんで辞めた場合でも、「前の会社では自分の能力を発揮できる場がありませんでした。御社ではそれを最大限に発揮したいです」と言うような理由を話したら、面接官が評価してくれることがあります。

転職理由を面接の場で話す時は、ネガティブなことを口にする人が多いので気をつけましょう。例えば前の仕事の給与が安かったということを理由にする人がいます。これは面接官に悪い印象を与える可能性があります。世間並みの給与より極端に低い場合はそれが認められるでしょうが、世間並みよりわずかに低い場合は、その人の能力や仕事の仕方に問題があるのではないかと面接官が思ってしまいます。ネガティブなことはポジティブなことに言い換えることができます。例えば上記の給与のことなら、低いと言うのではなく自分の能力を正当に評価してくれるところに入りたいのでと言えばよいのです。

施工管理の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 施工管理求人サイトランキング【※好条件の求人を探す方法】 All Rights Reserved.